配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 第21回JNMAフェスティバル戦果報告!(後編)

<<   作成日時 : 2015/07/15 19:53  

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは!
さすがに鮮度落ちですが・・・(汗)。JNMAフェスティバル戦果報告の後編です。今回はTwitter方面の作品展示からスタート!

工作実演見学レポなどはコチラ → 前編中編


今回が初となるこの企画!Twitterでの呼び掛けにより出展者を募った作品展!Twitter方面で反響を呼んだ作品も多数展示!一気に紹介します!


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像

・・・神領 海さんの東武11251F・61601F・81110Fも展示されていたようですが、時既に遅く撤収された後でした。他にも展示されていたのかな???・・・残念デス。。。




続いては、ディーラーさんの卓に展示されていた見本から少々・・・


画像



画像

IORI工房から発売されているペーパーキットの完成見本です。下十条のクエ9112やL形車体のクヤ5など、他社では類を見ない(?)ラインナップが魅力的でした。
キットの構成は、レーザーによってカット・彫刻済の部品を貼り合わせて組み上げるタイプなので、エッチングキットの組み立てに近い感覚で取り組めるのではないでしょうか?


画像

BONAからはビッグニュースが!70・80系各種の製品化!これは朗報です!BONAキットのクオリティーで各種・・・ラインナップに興味津々でゴザイマス!その第一弾となる両毛線70系4連の試作品が展示されておりました!


画像

クハ77006です。70系の第一弾が両毛線で、食パン顔を入れてくるところがBONAらしい?・・・この感性に激しく共感してしまいます〜。両毛線のイメージ・・・併結していたクモユニ82050番台なんかも欲しくなりますね。ちなみに006(=偶数)ですが、奇数向きで使われていたようです。


画像

モハ70300番台です。ナナサン形シリーズ同様、旧形国電の集大成とされる全金車特有のスッキリと洗練された車体もイイ感じに再現されていて、とても楽しみです。両毛線には300番台のトップナンバー=モハ70300も居ました。


画像

モハ70049〜052です。4両だけのグループで、全車、最終配置区は高シマでした。固有の形態であるクハ77006や4両だけのグループも製品化・・・80系の方も期待してしまいます!


画像



画像

クハ76082・088です。前面は仮のもののようで、以前発売された中央東線セットのクハ76351から借用していると思われます。082は京阪神緩行に新製投入された車で、前サボを引っ掛けられるよう前面手すりが左右一体になっている関西タイプ、088は左右個別の標準タイプです。

両毛線のクハ76は、新ナカ・長モトと並んでスノープロウを装備しているのも魅力ですね。良質なスノープロウも是非・・・なぜかクハ77はスノープロウ無し・・・ていうか、両毛線ならクハ76のスノープロウが余計のような???




JNMAフェスティバルを堪能した後は、前夜に続いて居酒屋へ♪・・・年々ご一緒される人数が増えて、模型仲間の輪が広がっていることを実感します。旧国繋がりが原点でしたが、今では様々なジャンルの方々も加わって、とても賑やかになりました。中には旧国にチャレンジされる方も・・・!今回も楽しく盛り上がりました!

今回は前夜から始まってアフターまで・・・お陰様でお祭りを十二分に堪能することが出来ました!お会いした皆様、またの機会もよろしくお願いします。合宿を手配して下さった南ヒナさん、飲み会を手配して下さったHSSさん、ありがとうございました!





腰部については流用手段がありますけど・・・70・80系用マスキング定規も欲しいところです。
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
JNMA以降はKATOの飯田線の追加工作をしています。

70系と80系の「金太郎塗」ですが、一貫して「感覚」で細く切ったマスキングテープで表現しています。腰板部分の緩いRの部分も直線的なものからRの強いものまで、幕板部分も青(緑)の面積が狭く、塗り分けが後退しているものから前に覆いかぶさるほど脱に塗り分けが前進しているものもあり、結構バリエーションがあります。これまでの製作では一応バリエーションを表現しています。

マスキングの定規ですが、15cmのステンレス定規の根本側(ぶら下げの穴が開いている方)の丸みが近いとの話があり、どこかでこれを利用した製作例を見たことがあります。
原口 悟
2015/07/18 00:22
原口さん、
シンワ・15cm金尺の端が70・80系前面腰部のマスキング定規に適しているというのは、私も何かの本で見たことがあります。70・80系の前面塗り分けは様々ですし、オデコのカーブが特に・・・せめて3種類くらいあると助かりそうですが・・・。

「感覚」・・・さすがデス。以前拝見させて頂いた80系300番台の山陽塗りも的確にキマっていましたね〜。

飯田線の新作、楽しみにしております!
配給電車
2015/07/26 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
第21回JNMAフェスティバル戦果報告!(後編) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる