配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 第21回JNMAフェスティバル戦果報告!(中編)

<<   作成日時 : 2015/07/10 18:52   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さん、こんばんは!
TOMIXから12系客車の0番台が予告されましたね!0番台と言えば・・・やっぱりサイエンストレインが欲しくなってきます・・・

思い出す度に気になるんですけど、アレ、竜華客貨車区の車を改装したんですよね・・・筑波万博ですから、ご近所である尾久の車とかを・・・竜華の12系がヒマだったのかなぁ?サイエンストレインは各地を巡回したので、本社企画 → 全国に目が → 竜華の12系に白羽の矢・・・ハテ???




さてさて、第21回JNMAフェスティバル!前編に続いて午後から行われた工作実演見学レポです!


画像

cube532810さんは、BONA・キハ55 1〜5(試作車)コンバージョンキットを題材に独自の裏技を披露!

その裏技とは・・・タネ車のボディー上面(内屋根)をキットに移植することで、屋根の取り付けを製品同様にスナップオン化すると共に、ライト点灯化をスマートに実現!
目からウロコ的なこの技・・・屋根を別塗りすることも出来ますし、車体強度の大幅Up、箱組み精度の確保などにも効果がありそうですね!


画像



画像

展示されていた作品から一部を紹介!国鉄〜JR〜復活国鉄色まで北海道の車両達がズラリ!ウェザリングの加減も様々で、タラコ色したキハ40 700・1700番台は復活色らしく綺麗な状態、グリーン車も付いていたアノ頃の急行「狩勝」は汚れながらも急行形の品位を・・・


画像

新作、キハユニ25+キハ46は実用本位と言わんばかりに使い込んだ姿を。会場の無機質な机の上に置かれていてもこのリアリティー!キハユニ25に乗務している運転士も効果的です。キハユニ25はBONAのコンバージョンキット、キハ46はTOMIXをベースに加工されています。


画像

さるぴおさん・・・Twitter方面での“さるべんさん”のほうが馴染みがありますかね?今回は溶きパテと筆を使った塗り屋根表現や、クレオス・Mr.ウェザリングカラーを使ってのウェザリング&墨入れテクニックを実演!どちらも加減が肝心なだけに熱心に作業に見入っている方もいらっしゃいました。


画像



画像



画像

展示作品の中には製作中のまっ黄色なアレの姿も!鉄コレ第20弾のクモハ123-3に同クモハ123-5の前面を切り継いでディテールUp!宇部・小野田線で活躍している現行仕様に改造されている模様です。屋根上と床下はこれからとのことで、さるぴおさんクオリティーのクモハ123・・・完成が楽しみデス。


画像

インドネシアの鉄道Tシャツを熱烈アピールしているのか?トランス状態に陥って立ち上がっているのか?は謎ですが・・・サーセンm(_ _)m
立ち上がって熱の入った(?)工作を進めるシーンもあった南ヒナさん。今回は当日BONAから頒布されたクモニ83811(盛岡工場タイプ特徴車)の製作を披露。

側面の内板を貼り合わせる際にゴム系接着剤でチョイ付けして位置調整してから瞬間接着剤で本接着するのが南ヒナさん流。とても参考になります。


画像



画像



画像



画像

展示作品はお馴染みの車両から新作のクモニ83003(主抵抗器カバー装着)まで・・・とても魅力的な面々ですね。クモニ83003の方向幕には巻き過ぎ防止の赤線が・・・芸が細かいです〜。

手前味噌で恐縮ですが、クモニ83003の列番表示器は弊ブログでUpしているシールから採用して頂きました。ありがとうございます!(嬉)


画像



画像

味醂醤油さんは、この春に発刊された「鉄道模型3Dプリンタガイド」に執筆されているI氏とタッグを組んで、今をときめく3Dモデリングについて解説。これから盛り上がろうとしている旬な技法だけあって、多くの質問・相談が寄せられていたように感じられました。

家庭用プリンタ黎明期もそうでしたが、これから更に解像度・平滑性が上がって適用範囲も広がって・・・JNMAでも頒布される方が増えていくのではないでしょうか?
着ているTシャツが南ヒナさんと同じw


画像



画像

展示作品の中には前頭部の扉が開く福塩線デビュー時の105系も。陰に隠れてしまっていますが、旧国クモハ40からJR九州の817系、更には東大宮の訓練車まで。多彩な車両達がズラリと並んでいました!裾周りのウェザリングが絶妙なカフェオレ色の115系や奥のまっ黄色い115系などが新作ですよね?

3Dモデリングで製作された床下機器やジャンパ栓を拝見させて頂いたんですが、とても精密に出来ていて恐れ入ってシマイマシタ。
床下機器は出力時に生じる積層痕を軽減させる都合で裏表背中合わせに接合しているんですが、ホントにピッタリ組み合わさっていて、設計時のクリアランスノウハウもバッチリといった感じでした!(撮影失念0rz。。。)





後編はTwitter方面の方の作品展示とディーラーさんの展示品を少々・・・
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第21回JNMAフェスティバル戦果報告!(中編) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる