配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS クモルのお供にサハ78380を作る!(後編)

<<   作成日時 : 2015/07/02 19:01   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは!
第21回JNMAフェスティバル開催目前です!既に私は事前注文で予算が減り始めている有様で・・・工作実演や作品展示も楽しみデス。


さて、少し開きましたが、サハ78380製作の後編です。前回はベンチレーターのグレードアップまででした。


画像



画像

前編でも触れましたが、この車は片側2箇所ずつモールドされている車側灯のうち、それぞれ1箇所が違うところに付いているので、不要箇所を削って「おゆまる」と「光硬化パテ」で複製した車側灯を接着しました。

他には実車画像で形態を確認しながら側ドアのプレス模様を埋めたり・・・


画像

塗装後に取り付けるTAVASA・クレーンフックが奥まってしまわないように車体隅を掘り込んだり・・・


画像



画像

床下のほうは・・・TAVASA・ジャンパー栓(床用)から加工したものを取り付けたり、一部の床下機器を撤去・移設・移植したり・・・


画像

before(上)とafter(下)の比較です。基本的な機器配置は「とれいん1983年12月号」を参考にしました。製品はクハ79(100番台)の床板を流用しているため、サハでは不要となる機器や手ブレーキの滑車を撤去すると共に、将来の電装化が前提だったサモハ63から改造された300番台特有の機器配置(+個体差)に変更しました。

画像にも写っていますが、GM・客車用床下機器から流用したブレーキテコとφ0.3o燐青銅線の配管&GM・103系用床下機器から切り出したチリコシなどをアクセントとして取り付けて様子を見たところ・・・なんか中途半端。。。


画像



画像

んで、結局イロイロ付けました。戸閉空気ダメもGM・客車用床下機器から流用して作り直したり・・・ブレーキロッドはφ0.35o洋白線、追加した配管もφ0.3o燐青銅線、エアタンク下部にはテキトーな手すりパーツと線材で表現したドレンコック、電磁排出弁にはφ0.25o燐青銅線を曲げたEXパイプ・・・などを付けてみました。

取り付け穴を埋めた跡が点々と・・・詳細資料が少なくて右往左往。。。想像も多分に含まれているのでご注意を。


画像

ブレーキロッドのガイドは、銀河モデルの乗務員ステップから梯子部分を切り出して、床板に植え込みました。


画像

車体裾に沿った配管は、銀河モデルのN-187を加工。接着してしまうと、床下を取り外すため車体裾を開く際に曲げてしまいそうで・・・取り付け方法には悩まされました・・・。

結局、元の接着シロは切除。画像のようにφ0.25o燐青銅線の足をハンダ付けして、両端部を車体裾の断面に穴あけして差し込み、ズリ下がり防止として中央部に枕木方向の固定ピンとバルティーローズ・φ0.3o用配管止めを植えた受けを設けました。


画像



画像

各部の加工が終わって、サフを吹いたり色を塗ったり・・・


画像



画像

最後の悪あがき(?)として、車内にスタンションポールを表現。φ0.6o洋白線を用いましたが、改めて見てみると少々太い感じがするので、次回はφ0.4〜0.5oにしようと思います。

取り付け位置については、「側扉の中心=内装パーツのロングシート間中心」で良いと思い、取り付けてから車体に合わせてみると・・・全然合わない。。。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、製品の内装パーツは209系から流用している模様で・・・やり直しました。。。


画像

効果は・・・画像のようにエロ光を当てれば光って見えますが・・・完全なる自己満SPLデス。ハイ。

「旧国=スタンションポール付き」というイメージですが、ナナサンではクモハ73近代化改装車&500番台やモハ72&クハ79の920番台、各種900番台の一部などには付いていない模様です。







画像

完成してクモル達とお手合わせ。妻面もよく見えて満足満足。この組成をヤリたかっただけなので、西トタは当面コレ1両ポッキリの予定です。クモル用と言いながら、ディテール表現や塗装など全然クモルに準拠していませんが・・・(笑)。





クモハ73259のほうも近況報告しないと・・・チョット先になりそうです。
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

サハ1輌にこの工作量・・・やはり旧国屋の方は凄いです。
工作が綺麗ですし非常に丁寧で驚いてしまいました。
なんと!内装は209系の流用だったんですね。知りませんでした・・・。
クモルに挟まれた3連!凄く良いですね。貸しレなんかでも注目を集めそうです。
クモハ73編も楽しみにしております。今年はJNMAに行ければ良いのですが・・・。
うん
2015/07/02 21:56
うんさん、
こんばんは。これまた嬉しくなるコメントをありがとうございます!

工作量・・・行き当たりばったりの継ぎ足し&手探り工作だったため、一旦付けたものを外すハメになったり、間違えて作り直したりで・・・必要以上に手間が掛かりました(笑)。最初からここ迄って決めていれば、もう少し早く完成したと思います〜。

内装などもポールの取り付け位置を罫書いた時点で車体に当てていれば・・・詰めが甘いもので(汗)。

第21回JNMA、行ってまいりました。記事をUpしましたので、ご笑覧頂けましたら幸いです。
配給電車
2015/07/07 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
クモルのお供にサハ78380を作る!(後編) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる