配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS クモルのお供にサハ78380を作る!(前編)

<<   作成日時 : 2015/06/20 21:43   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

皆さん、こんばんは!
超久しぶりの更新で何と書いて良いのやら・・・申し訳ございません。m(_ _)m
相変わらずTwitterに依存しておりまして・・・

前回更新から早4ヶ月半。。。この間にもイロイロありました。KATOからはクモユニ82800番台発売、流電やクモハ12052&クモニ13002〜016の発売予告、GMからはナックルカプラー発売や新動力ユニットの試作品披露・・・この先も更新頻度の低い状況が続くとは思いますが・・・宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m



で、工作の方は?と申しますと・・・年明けから突如として作り出した西トタのサハ78380が完成。呉線のクモハ73259も、あきれる程のスローペースながら進めてはいるんですが、追い越されてしまいました(汗)。


画像

コトの始まりは去年の暮。「横浜鉄道模型パーツ・キット即売会」で、当日販売開始となったトレジャータウンの「幌枠・渡り板 70・72・101系用」を購入したのがきっかけでした。

有りそうで無かったこのパーツ、戦前形などに使う厚手の幌枠は数社から発売されていましたが、このタイプはどこからも出ていなかったハズ。しかもトレジャータウンと言えば、幌のラッチが表現されている超エロエロのパーツ!手にした時から使ってみたい欲がムラムラと・・・

ブログをサボっている間に完成してしまったので、まずは完成披露から。パーツの選択・加工内容等については続編でも紹介する予定です。


画像

ご覧の通りベースはTOMIX・サハ78です。この製品はザックリ見るには原形車でもイイんですが、細かく見ると側面をモハ72原形車の金型から流用している関係で、側扉の開く方向(=戸袋窓の位置)が全て同一方向となっているほか、車端部付近の窓柱の寸法が両端で異なっています。

ちなみに、サハ78原形車はモハ63時代にサハ78として製造された生粋の中間車であるため、側面中央から前後対象の設計(ドア開き方向は← ← → →)となっています。また、モハ72原形車は全車モハ63(後のクモハ73)から中間化改造された車なので、側扉の開く方向が全て同一方向(先頭車設計)のままとなっています。

んじゃ、この製品は現代水準で言えばエラーなのか?と言いますと・・・大丈夫なんです。サハ78は原形車の他にサモハ63(=戦後の資材不足で電装出来なかったモハ63)から中間化改造された300番台、車種調整でモハ72原形車から電装解除された500番台があります。
(H27.7.16追記:500番台にするためには、ベンチレーター1個撤去や元パンタ側妻面をタネ車(モハ72)の形態に合わせる加工などが必要となります。説明不足で申し訳ございませんでした。)


画像

とにかく今回のテーマは妻面に尽きます!前からコレを(も)ヤリたかった!標記・銘板もそうですが、至れり尽くせりの良い時代に感謝デス。解放したままの幌ラッチとV字状の幌吊りがお気に入りです。

西トタ=青梅線を選んだのは、先々編成を組むことがあった場合に、青梅線ならリトルジャパンのクモハ40も加えるだろうから、BONAの金属キットよりもTOMIXのプラ製品が妥当かなと・・・???

車番の選択については、当初、2位側妻窓が塞がっていたりランボードが残っていたりでモハ72時代の面影を楽しめるサハ78502にしようかと思ったんですが、1-3位側の扉形態が分からなかったために断念。両側面とも画像を拝めたサハ78380にしました。(画像Up主様、ありがとうございます。)


画像

いきなりサハ78だけ作ってどうすんの?って・・・それはもちろんクモル24003+クモル24007に挟んで、入・出場回送編成を楽しむのが目的です。クモルサンドであれば妻面もよく見えて、作り込んだ効果を実感出来るので好都合・・・妻窓が1箇所塞がっている関係で両妻の表情が異なる500番台を作りたかったなぁ。。。

インレタは車番=GM、その他標記=レボリューションですが、サハ78の形式・換算標記(白)は適当なものが見当たらなかったので、いくつも無駄にしながら合成しました。


画像

1-2位側は幌が付かないためアッサリしています。こちら側の幌ラッチは幌枠にモールドされているもので、畳まれた状態が表現されています。この角度では裾に付けたクレーンフックも活きてきますね。

コチラ側、よ〜くご覧頂くと「アレ?」っとなる部分がありまして・・・形式・換算標記が無い側なのに札挿しが付いています。これは、改造前のサモハ63時代は反対側が乗務員室(1-2位側)、こちら側が妻(3-4位側)であったため、検査標記はこちら側に標記されていた名残りと思われます。それを中間化改造時もしくは後に何らかの理由で反転して、こちら側が1-2位に変更された模様です。何でわざわざ・・・謎デス。。。


画像

ベンチレーターは、鉄コレ・秩父800系のものに換装。外周部を支持するステー?(放射状に6本付いているもの)が表現されているので、ロクサン臭をアピール出来ます。
ナナサン原形車お約束の側扉のバラエティーは、ブレス無し黒Hゴムと・・・


画像

プレス付き黒/白Hゴム・・・そうそう、この車は1-2位/3-4位反転に際してか車側灯が移設されているようなので、実車に合わせて移設しました。他には試験的に銀河モデルの床下配管を取り付け。少々大味な感じもしますが、模型的には小気味良いので今後も付ける方向で検討中です。

あと、シルエットでしか見えませんが、これまた試験的に車内のスタンションポールも付けてみました。


画像

これら側扉、どちらもプレス付き黒Hゴムですが、左のほうはHゴムの周囲の窪みが角張っています。このタイプの扉は金押さえ2段窓をHゴム化した様な感じで、加工でも製品でモールドされている金押さえ2段窓の窪みを残して表現してみました。
このため、よく用いられる近代化改装車や165系などの扉窓では微妙に幅広なので、サイズが合うリトルジャパン・クモハ61キットの扉窓を全扉に使いました。

妻面の他に力を入れたのが床下機器・・・というか、行き当たりばったりでチョイチョイとディテールを追加していった結果なんですけど、サハの分際(?)で今迄の中では一番精密度が高い仕上がりになりました。


画像



画像

私の塗装テクが原因とは思いますが、33番のフラットブラックを吹いたところ、少々ザラついて残念な感じに。。。ブレーキ管系統のコックに赤色を差してメリハリを付けました。

車端部には機器箱やジャンパ栓、銀河モデルの鉄コレ17m旧国用配管などを取り付け、台車には南ヒナさんを真似てブレーキ梁、それから殆ど見えませんがKATOのスポーク車輪に交換しました。



さて・・・一旦、時計の針を戻しまして・・・




画像

前述ししましたが、年明けにムラムラがMAXに達して、中古のTOMIX・サハ78(仙石色)を風呂に・・・。


画像

比較的簡単に落ちたんですが、ご覧の通り窓周囲だけ頑固な塗膜が少々残ってしまったので、仕方なくチマチマと拭いてみたり削ったりして、どうにか落としました。






中編に続きます。Twitterとは違って、書きたい事を沢山書ける良さを再認識しました。
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいです。Nゲージには見えないほどの精密さですね!
床下も!妻面も!
pon太
2015/06/20 22:13
こんにちは。超絶お久しぶりです。

いつもながら素晴らしい出来ですね!大変参考になります。
とくに妻面、幌吊りがホント良いですね!
サハ78の扉の件、知らなかったので勉強になりました。旧型国電はやはり奥が深いですね。続編も楽しみにしております。
そういえばクレオスの33番はだいぶ前から普通に吹いてもザラつくようになりました。知り合いも皆同じことを言っているので塗装テクは関係なさそうです。私はそれ以降はガイアノーツの艶消し黒を使うことにしています。
うん
2015/06/21 11:10
pon太さん、
お褒めのコメント、床下製作時のリプライ、ありがとうございます!

こうして手間を増やしていくと、徐々に自分の首が絞まっていくワケです(笑)。そもそもクモルのお供として作ったのに、クモル準拠のディテールじゃないという・・・(汗)。
配給電車
2015/06/24 20:20
うんさん、
こんばんは!超絶お久しぶりです!
嬉しいコメントをありがとうございます。

コメントするタイミングを逸してしまった感じですが、うんさんの東ミツ7連、イイですねぇ〜。
マヤ検とかでコソコソと(?)ではなく、堂々と東京駅に出入りしていた頃のナナサン。比較的淘汰が早かった原形モハ72も組み込みつつ920番台も・・・旧作とのことですが、とても綺麗に纏められていて見入ってしまいました。クハ79300番台のHゴム塗り潰し仕様もシブい!

33番・・・私も乗り換えることにしました。。。
スハ50の完成も楽しみにしております!
配給電車
2015/06/24 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
クモルのお供にサハ78380を作る!(前編) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる