配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年 冬の運転会!

<<   作成日時 : 2015/02/02 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんばんは!
KATO・飯田線旧国第3弾が発売されましたね!もちろん私も購入しまして、Assyも含めて結構な出費に・・・ED19も控えているんですよねぇ・・・

最近は新製品ラッシュで、再生産がいつになるのか想像もつかない状況なので、買えるときに買っておかないとプレ値の中古品を買うハメに・・・ていうか再生産ってあるんでしょうかね???



さて今回は、先日参加させて頂きました運転会の模様をUpします。参加されたのは、幹事の神領 海さん富士川さんsawataraさん練馬けんじさん青快さん青い車体さん、青総さんと私の8名(順テキトー)で、東京都墨田区にある(株)ディディエフ謹製のレンタルレイアウト「レイルガーデン」で3時間に亘って盛り上がりました♪

では早速・・・


画像

青い車体さんの赤い車体?PF1019番牽引のスヤ+マヤです。PFは軽加工であっさりと仕上げているそうですが、次位のスヤ50はご存知の通り、完成品では発売されていない車両で、ハードな加工を経てモノにされています。車両のクローズアップは後ほど。


画像

側線にも青い車体さんの事業用車!新秋津に居た105系訓練車とマニ50 2186=ゆうマニです。JR貨物塗装のロクヨンセンも持ち込んで廃車配給列車を再現されていました。


画像

105系訓練車の廃車配給が組成されて替わりにスヤ+マヤが入線。検測車つながりで私のマヤ34 2004も並べて・・・手前にこれまたインパクトMAXな車両が・・・


画像

スヤ50です。宮沢のキットがベースですが、どこをどう加工したのか・・・凄いことになっております!手前にチラッと写っているほうも気になりますね。これも後ほど。


画像



画像

そんなシーンを横目に快速特急が通過!富士川さん製作の京急2100形です!美しい車体やランダムに閉じられたカーテンなどもとても魅力的ですが・・・


画像

台車・床下機器が物凄い!今をときめく3Dプリンター出力によるパーツがふんだんに・・・台車はボルスタアンカーが車体側に付いていて息を呑むほど立体的!ハイ。お気付きの通り富士川車輛工業のワークス車両でございます〜。


画像

先程からチラチラと写っておりました青い車体さんのJR東海キヤ97定尺レール運搬車両です!ワールド工芸のキットから製作されたそうで、小さなキャブの中に仕込まれた小型モーターで自走することが出来ます。カッチリとした仕上がりに加えて、とってもスムーズに走っていたのが印象的でした。積荷のレールを塗装して仕上げれば完成とか。


画像

日が西に傾いて実車さながらのエロ光を浴びて佇むのは、練馬けんじさん製作の西武2000系&レッドアローです!どちらもGM板キットからの製作とは思えない仕上がりで、何度見ても見入ってしまいます。模型でのエロ光撮影は難しいですね〜構えると自分の影が・・・望遠が使えれば回避出来るんですが。。。


画像

こちらも、練馬けんじさん製作の南武線205系です!Twitter方面でも有名な車両で、数種類のシルバー塗料を使い分けることでステンレス表面仕上げの違いをリアルに再現しています!


画像



画像

これまたエロ光激Vのカーブをゆくのはsawataraさん製作の京成3150形更新車です!GMの完成品をベースに台車・床下周りや屋根上のヒューズ配管、適度なウェザリングなどなど・・・魅力満載の作品でした!


画像

トレジャータウンの幌を付けてイケメン振りを発揮しているのは、青快さん製作の東武8000系復元塗装編成8111Fです!このカラーリング、シックな感じで私好みデス。しかし、これだけではありません・・・この編成は更に・・・


画像



画像

セイジクリーム塗装車81111Fと連結しています!形態の違いから製作当時はGMキットをベースにする必要があったそうで、そこにも青快さんの拘り(東武愛?)を感じてしまいます〜。


画像

こちらは、神領 海さん製作の東武8000系です。側窓の四隅にR加工を施した車両などなど、東武鉄道の車両達にも神業を注入している模様です。私は全然知識が無いため着目点が分かりませんので・・・


画像



画像

パンタ配管をアップでドーンと!複雑な取り回しをスッキリ整然と仕上げられていて脱帽デス!鉤外し線も独特な形状で難しそうですね・・・。


画像

青総さん製作の西武赤電です!前面もシャープに仕上がっていてカッコイイです!方向幕&種別札もリアルです。鳳車輛製造のステッカーでしょうか?屋根上配管も別体化されていて、配管が屋根に潜るところでクイッと持ち上がっているのもイイ感じです!


画像

ロクヨン20番とキヤE991形「NEトレイン」、青い車体さんの作品です。こちらも実物通りの組み合わせで、2007年に逗子から長野へ輸送する際、ロクヨン20番が牽引しています。見るからに尻込みしてしまいそうなロゴやストライプ・・・綺麗にキメています!


画像

私はいつものクモル×2で参加しました。年末の花月園を前に動力関係のオーバーホールを行ったので快調に走ってくれました♪


画像



画像

私のクモルもエロ光を頂きました〜。


今回も刺激を受けまくりで充実した1日を過ごすことが出来ました。この刺激を自分の作品にフィードバック出来れば良いのですが・・・(汗)。。。またの機会もどうぞよろしくお願い申し上げます!ありがとうございました!





アフターは秋葉から居酒屋へ・・・3Dモデリングの話題も興味津々でした!!!
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クモニ13の連結器は、車体側が連結器だけで、胴受パーツを別につけるようになっていますが、この胴受パーツを使って他の飯田線旧型国電に組み込んでみました。今回、飯田線の車ということで、「我が心の飯田線掲示板」のほうに写真を紹介したのですが、連結器のパーツの方に胴受を一体化させています。具体的には首振りのガイドとなる、連結器から横に伸びた部分を胴受がはまる長さまで切り詰めてから胴受を真鍮線を受けこんで固定し、胴受が首振りのガイドとなるようにしました。このため、連結器と一緒に胴受も首を振りますが、先頭に立っていて連結器が定位置にある限りは特に問題はない、という「奇策」になります。このほか、切り取ったジャンパ栓受けもプラ板を介して取り付けました。また、台車の方にも排障器を付けましたが、これはGREENMAXのロングセラー品(台車マウントのカプラーポケットに付けるもの)を真鍮線を植え込んで固定しました。まず、クモハ42009,013、クモハ54133、クハ16414にこの加工を行いました。他、クモハ54133の床下機器は、恐らく最初のクモハ53007と共通で、抵抗器が新しいタイプになっているのですが、これを現車の旧型の第4、中2、半分1のものがリトルジャパンの床板セットにあったので交換しました。また、幌枠はクリーム色と黒に塗り分けました。
原口 悟
2015/02/23 23:53
原口さん、
掲示板を拝見致しました。先頭に出ているときにはセンターリングされていて問題なし、連結しているときには伸縮作用もバッチリ!・・・これは良いアイデアですね!クモニ13も連結器から真鍮線で横方向に渡せば解決出来そうです。
クモニ13の胴受けパーツは形状が良好なので私も複数買い込みました。

今回の作品も抵抗器の形状・配列などに拘った仕上がりで見入ってしまいました。快速表示器パーツの大きさを正しくすることで検査標記もピッタリ!・・・コレ、ありますよね〜いざ標記インレタを転写しようとしたら収まらない。。。まぁ、標記のサイズが大きい場合もありますけどね(笑)。

ヘッドライトの話題、以前より飯田線の旧国は機関車用のライトを付けた車が多いと思っておりましたが、早期に大型化したのが理由だったんですね。勉強になりました。m(_ _)m
配給電車
2015/03/01 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年 冬の運転会! 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる