配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS BONAキットで呉線のナナサンを作る! その01(クモハ73259)

<<   作成日時 : 2014/09/29 06:41   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、おはようございます!
またまた久々の更新になってしまいました。申し訳ございませんm(_ _)m。実は8月から新作に着手しておりまして・・・


モノは数年前から“ヤルヤル詐欺”状態だったBONAのナナサンキットで、南武線をヤルと言っていたのですが・・・


首都圏のナナサン → クモルに挟んでも楽しみたい → 妻面が露出する → BONAキットの幌枠はTOMIXのナナサンに合わせているため若干角張り気味。。。 → 修正したいけどパーツが出ていない → 良質な各種幌枠をリリースしているトレジャータウンが出してくれるのでは?という淡い期待・・・ → 首都圏のナナサンは後回しにして・・・ → クモルに挟まれることがない線区の中から・・・


呉線をヤルことに決めました!可部線ではなく呉線で6連を狙います!やっぱり、長めのほうがカッコイイですし、ウグイス色のモハ72なども作ってみたい・・・でも、とりあえずMc+Tcが出来れば可部線として楽しめる・・・という目論見デス。


んでもって、8月に入ってからボチボチやっているんですが、慣れない金属キットなもので・・・早くも側板を使用不能にしてしまい、部品注文してリベンジする始末・・・。。。
そんな状況のなかで進めていたもので、ブログ記事に纏める余力も無かった・・・というのを言い訳にさせて下さい。。。m(_ _)m


ブログ記事に纏める余力は無かったんですが・・・実はTwitterを始めまして・・・作業する度に成果をUpして、BONAキット マイスターの南ヒナさんを始め、フォロワーの方々からアドバイスを頂きながら進めております。

Twitterのほうも“配給電車”でアカウントを取得しておりますが、内輪でのオフザケなども混ざっていますので・・・お見苦しい点が間々御座います事をご容赦下さいませ(滝汗)。


では、製作開始です。


画像

ご覧の通り、デジカメでも撮影したのですが・・・うっかり消去してしまったようで。。。取っ掛かりとなる記念すべき(?)1両目は、73形可部線2両セット Part.2からクモハ73259を作ります。


画像

まずは側板を・・・と言っても画像はリベンジした方でして・・・初回はどうしたのか?と言いますと・・・開口部(窓やドア)の断面をキレイにしようと軽くヤスリを当てた結果、開口部が大きめになってしまいまして・・・ラインに乱れが無い限り、弄らないほうが良いみたいです。。。


画像

穴あけは効率よく電動リューター(PT‐α)で始めましたが、途中からはポンチ跡にあてがってからスイッチON出来るα-modelの「清吉ドリル」に替えました。真鍮とは言え金属に連続穿孔するので、ドリル刃に切削油を付けながら進めました。


画像

手順を超えて、コレをやってみたくなりますよね?サボ箱は、車体と接する部分のフランジや、箱内の中桟まで表現されているトレジャータウンのパーツを採用。画像のは試しに組んだもので少々歪んでしまいましたが、イイ感じになりそうなことは確認出来ました♪


画像

乗務員室扉も南ヒナさんに教えて頂いたトレジャータウンの近郊形用を使う予定です。


画像

車体表側と内板の貼り合わせの様子です。はんだ付けは・・・難しいですねぇ・・・ご覧の有様で。。。小パーツの加工などではある程度慣れているつもりでしたが、モノが車体となると勝手が違うようで(滝汗)。。。この後、マッハのキサゲ刷毛が大活躍したのは・・・言うまでもありませんね。

そもそも、はんだを流し込む箇所は要所だけで充分だったようで・・・(激汗)。。。


画像

何とか終わりました。。。キサゲ刷毛は、車体表側は傷付きを考慮して0.06o、裏側は0.1oでガシガシ削り取りました。


画像

車体表側と内板を貼り合わせて側扉の位置が決まったので、半自動扉の取っ手を穿孔しました。半自動扉の取っ手はTAVASAのパーツで、扉の窪みに嵌め込んで穴位置を出せる冶具が付いていて大変便利です。私の場合は、冶具の裾を削って穴の高さを調整して使いました。画像は試しに取っ手を付けてみた様子です。

クモハ73259は取っ手の取り付け高さが異なる扉も混在していたようで・・・判る範囲で再現してみました。


画像

あとは、広ヒロのナナサンの特徴・・・低めに付いているサボ受け(トレジャータウンのパーツ)をはんだ付けしたり、超硬チップ付ケガキ針でドアコック蓋をスジ彫り(TAVASA・急行型WC点検蓋に付いているテンプレートを使用 ← 南ヒナさんに教えて頂きました。)したり・・・


画像

モールド表現されている銘板を削ってパーツ貼り付けに備えたり、幌吊りを取り付ける穴を開けたり・・・チマチマ進めています。





もう少しチマチマやってから箱組みする予定です。
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。お久しぶりです。

BONAのキットは瞬着組み前提のようで穴がたくさん開いていてハンダ付けでは歪まないかと少し気を遣ってしまいますね。うちにも組立途中の車体がチラホラ(完成には至ってオリマセンw)…。
旧型国電のキットもかなり積んでますので勝手ながら配給電車さんの作例を今後の参考にさせていただきたいと思います。
うん
2014/10/01 00:49
うんさん、
こんばんは!ありがとうございます!なるほど、接着剤組み前提=穴がたくさん・・・ハンダ付けであれば主要部分のみでOKそうですね。次回は反映させて頂こうと思います。

旧形国電のキットも・・・ブログを拝見させて頂いたのですが、キングスの客車キットが300両あって尚且つ・・・私も積んでしまっていますが、少しホッとしました(笑)。

テキトーな私の作例を参考にしてしまうと、エライ事になるかもしれませんよ〜w
配給電車
2014/10/06 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
BONAキットで呉線のナナサンを作る! その01(クモハ73259) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる