配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 第20回JNMAフェスティバル戦果報告!(後編)

<<   作成日時 : 2014/07/13 06:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

皆さん、おはようございます!
TOMIXから発売予定の167系は、前照灯がフジツ・・・現行の構造から変更されるという噂が・・・とても楽しみです。



今回も、第20回JNMAフェスティバル戦果報告です。催事2日目とアフターの飲み会での模様を・・・


画像

駒ヶ根車輛/葉賀さんとお会いして、作品を拝見させて頂きました。GM・クモハ12(040)キットから改造した執念の逸品、クハ18013です!撮影を失念してしまいましたが、相方のクモハ14は、「鉄道模型ちゃんねる(第1期)」で製作過程が放映されたアノ作品です。

このクハ18013、見た目のインパクトに加えて、「なるほど〜!」と唸らせるポイントが・・・それは、スッキリと表現されているHゴム支持の運行灯窓!コレ、GM/EVO・103系キット(クモハ103)のパーツから流用しています。運行灯窓を召し上げられたクモハ103は・・・ATS-P搭載車に加工して解決しています。


画像

コレ、凄過ぎデス!3扉両運から2扉片運にするために、片面4箇所で切り継いでいます!(画像に写っているのは3箇所)
ご覧の通り、たくさんリベットがあるため、継ぎ目消しは出来ませんが・・・これだけ拡大しても、継ぎ目が殆ど判らないという・・・・精度の高い切り出しと精度の高い突合せが実現させるこの仕上がり!究極の切り継ぎですね!


画像

妻面の表情もイイ感じ!片運化加工と併せてトイレも設置。この切り継ぎ技をモノにすれば、GM・クモハ12(040)キットからクハ16200番台を作ることも出来ますね!


画像



画像

2日目は、軍資金が底をついてしまったため、買い物は控えて工作実演やレイアウト展示を拝見して楽しみました。


画像

かぶぬしの下僕さんの工作机には、1日目とは違う作品が展示されていました。どれも多岐に亘って手が加えられており、中央のキユ25は、製品とは違ったキユ25 1・2のタイプで、レジン製の窓ガラスも用いられているようです。

前編で少し触れましたが・・・その隣に展示されていたD51 498が、腰を抜かして立ち上がれないというか・・・脱帽しても、しきれないというか・・・凄過ぎて理解不能?というか・・・自分の中では、別世界のモノ?異次元のモノ?として処理しなければ、平静を保てなくなってしまうような作品でした・・・


画像

ベースは、KATOのD51ですが・・・コレ、リニューアル製品じゃありません・・・それどころか、現代ほどパーツ・素材が多種・潤沢ではなかった時代・・・1995年に製作された雑誌掲載作品です。こう見えてもNゲージです・・・念の為。

火室からキャブ下を這っている布巻き管・・・極細の丸線をヤスリで平らに削って、芯となる丸線に巻きつけて製作・・・Nゲージですよ!Nゲージ!!!キャブ下の入り組んだ配管も自作で、しかもユニット化されていて、ネジ1本でゴッソリ外せる構造・・・


画像

「普通にバラせてメンテナンス出来る構造」を念頭に製作されているため、ご覧のように目の前でバラバラに・・・モーターはキドマイティに換装されて、キャブ内スペースを確保。そのスペースには、ご覧の通りの超精密なバックプレートが・・・これも完全自作デス。

しかも、しかも、しかも、加減弁・ブレーキ弁・逆転機・渡り板・・・・みんな動いてしまいます・・・もう、逆転機なんて、危なげも無くクルクルと・・・念の為、もう一度。Nゲージですよコレ。


画像

こんな精巧なパーツですが、これまた簡単に取り外せてしまうという・・・。製作に当たっては、D51 498をメインに静態保存機なども含めて取材を重ねられたそうで、バックプレートなども極めてリアルに再現されています。おっと、こちらにも布巻き管が這っていますね!

計器類や投炭口周囲の精密感・・・これはきっと、ドラえもんが・・・そうに違いない・・・???


画像

この作品、ひたすら精密なだけでは無く、シャレも効いていまして・・・テンダーの石炭は、実機D51 498の乗務員さんから分けて頂いた本物を砕いて積んでいます(笑)。
他にもイロイロ凄いんですが・・・もう、何がなんだか・・・降参しました〜。m(_ _)m




あまりもの衝撃に・・・もう飲まずには居られなくなって(?)、閉場後は秋葉原の居酒屋へ・・・



画像



画像

青い車体さん製作のスヤ50 5001+マヤ34 2002=スヤマヤです。スヤは宮沢のキットを組み上げ、マヤはマイクロエースの製品をカプラー加工しています。スヤのキットは調整が必要な部分もあるようですし、なかなか手強そうな感じです。


画像



画像

こちらも青い車体さんの作品で、京王の検測車=DAXです!BONAのキットをベースに加工して、屋根上のサーチライトが光るように・・・お気付きでしょうか?レールで通電していないのに光っています!

LEDの電源用に電池を積んでいるそうで・・・これは、目からウロコです・・・これなら、線路状態などでチラつくこともありませんし、停車中だって、逆に走行中も消灯したままにすることも・・・LEDの消費電力を考えれば、充分「アリ」だと思います。・・・電池を上手く隠せれば、旅客車の室内灯にも???


画像

お次は、青総さん製作のモハ90系です!この方もお若いのに、シブい車種選択を・・・。原型の試運転幕ですから、「新性能電車時代到来!」といったところしょうか?連結器上下の銀色が小粋な感じです!東京堂の金属キットをスッキリと組み上げています。

モハ90系=101系試作車は、登場時の洗練されたスタイルも魅力的、過渡期の姿も不思議な感じで魅力的、末期の姿も端々に残された違いが魅力的だと思います。


画像

こちらも青総さんの作品で、京葉線のクモハ103(ATS-P搭載後)です!GMのEVOキットをベースに、インバーター式クーラー搭載・運行灯埋め込み・側扉交換などの加工を施して、晩年の姿を再現しています。前面窓の内側に表示された運行灯が、旧国チックで私好みデス。


画像

そんなこんなで、2日目の夜も盛り上がり・・・秋葉原の夜は更けてゆく・・・

今回も、沢山の方々とお会いすることが出来て、お陰様でとても楽しい2日間でした♪またの機会もよろしくお願いします。モデラーズ合宿を企画して下さった南ヒナさん、お疲れ様&ありがとうございました!





模型仲間の輪が更に広がりました♪
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は都合上1日目だけの参戦だったのですが、皆さんお元気そうで何よりでした。

「切り継ぎ」は伝統的な技術なのですが、最近はあまり目にすることが無く、葉賀さんのクハ18は「伝統の健在」を感じました。

飯田線関係なのですが、KATOの第2弾は発売が少し延びたようです。また、第3弾のクモハ54−クハ68はこれまでの展開の中では珍しく「標準的」な編成(細部はともかくとして)なので、幅広い加工を受け付けそう(京阪神緩行線時代、福塩線、仙石線など)です。
原口 悟
2014/07/20 00:02
配給電車さん、原口さん
JNMAでは、お疲れ様でした。
件のクハ18は切り継ぎをした側板だけの状態で、工作箱の片隅で眠っていた物です。
最初に手をつけたのは、かれこれ10年くらい前になります。
中間の扉があった部分は、実車は工法的にリベットが無いはずなのですが、模型的には残した方がカッコよさそうだったので、あんな感じになりました。
一緒に散在したボナのクモエ21キット、面白そうですよね。
駒ヶ根車輛/葉賀
2014/07/20 18:50
原口さん、
JNMA、お疲れ様でした!当日拝見させて頂いた岡オカ/赤穂線の旧国、撮り損なってしまったので、運転会の際に是非!クモハ51の001〜010は、3-4位側客扉の開き方向が逆とのお話、とても勉強になりました。ありがとうございます。

「切り継ぎ加工」・・・昔は常套手段でしたね。後にGMカタログで、切り継ぎせずに窓柱を全て取っ払って、窓配置を変更する工法を知ったときは目からウロコでした(笑)。それでも葉賀さんのクハ18のように、ニッチもサッチもイカない場合には・・・「切り継ぎ加工」これに尽きますね。

KATOの旧国、再生産のスパンが長そうな感じなので、今後の計画を考えながら購入したいところですが・・・実に悩ましいですねぇ・・・。
配給電車
2014/07/26 18:32
駒ヶ根車輛/葉賀さん、
JNMA、お疲れ様でした!“ヨンヨン組”な方ともお話したり、作品画像を拝見させて頂いたりで、お陰様で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。
“ヨンヨン会”、是非とも開催したいところです。

工作箱の片隅で眠っていたクハ18の側板・・・加工方法が閃く→実践してみる→うまく出来て納得→続きはやらずにお蔵入り・・・そのパターンってありますよねぇ〜。切り継ぎ箇所のリベットは、モデラーの意地がビンビンに伝わってきますし、模型的な美観としてもアリだと思います。

BONAのクモエ21キット・・・面白そうですが・・・“どこかを開閉可能にしなければ”という変なプレッシャーが・・・変態サン達に毒されて・・・(笑)。。。
配給電車
2014/07/26 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
第20回JNMAフェスティバル戦果報告!(後編) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる