配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロエース・マヤ34をそれなりに加工する その11(終)

<<   作成日時 : 2014/06/24 19:28   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

皆さん、こんばんは!
JNMA参加ディーラーのHPで、催事頒布品が発表され始めましたね。今回は2日間ですが・・・初日は相変わらずですかね(汗笑)。

さて今回は、何だかんだで1年4ヶ月もかけてしまいました「マイクロエース・マヤ34をそれなりに加工する」の最終回、完成報告です。
今回も一部画像でピント合成ソフトを使いましたが・・・パソコンを更新してから、今一つシックリきませんで・・・OSとの相性が悪いのか?はたまた・・・???


画像

やっと完成シマシタ。もともとは、カプラー加工と内装をザックリ塗装するだけのつもりでしたが・・・カプラー周りの配管だけでも・・・んじゃぁ、車体も・・・って感じで、結局ソコソコ弄ってしまいました(笑)。

それから、終盤に奇跡が・・・インレタ貼り付け後に吹いた、半艶クリアーが予想外にレベリングしてくれまして・・・塗装の肌がスッキリと。まぐれ当たりですが、嬉しくなりました!

画像奥は、比較用として並べた、手を付けていないストック車です。とりあえず、当初からの目的だった、トロピカル(死語?)な色調の内装がなんとかなったようで、満足しています。


画像

1-2位側の妻面です。各モールドを作り直したことによって、立体感が増しました。他には、屋根布押さえを付けて国鉄仕様にしたほか、両側の窓ガラスを約0.3o上昇、Hゴムが何故か印刷表現となっていた貫通扉窓ガラスを、TOMIX旧客扉の窓ガラス(大窓)に交換しました。


画像

3-4位側の妻面も同様に加工しています。幕板の黄帯は、もう少し低くしたかったんですが、側面のバランス(誤魔化し)を考慮して妥協しました。前回書きましたが、形式・自重標記は「マニ37」で、検査標記が「長野工」・・・(笑)。妻面のインレタは、透明デカールに転写したものを貼っています。


画像



画像

製品は、ルーバーが付いた原型仕様(上)となっているため、昭和50年頃以降の窓が増設された形態に加工(下)しました。屋根ベタ付けだったAU12クーラーは、足を介してTOMIXの分売パーツに交換しています。

「連結注意」のサボは、毎度のシールプリントで作りました。こうして見ると、文字がチョッと大きめな感じも。。。イロイロ手を加えた内装は・・・予想通り、この程度しか見えません。。。増設窓の奥に、薄っすらとコンピュータが・・・


画像

測定室の出入口扉窓も、Hゴムが何故か印刷表現となっているため、約0.3o上昇させた上で、TOMIX旧客扉の窓ガラス(大窓)を嵌め込んでいます。あと、仲間内での流行?に乗っかって、雨樋上部をガイアのニュートラルグレーTで縁取りしました。


画像

乗務員室扉窓は約0.3o上昇させた上で、元の窓ガラスを嵌め込みました。電源室のルーバー周りを切り継いで、上下寸法を小さくしているのがお判り頂けるかと思います。
先述しました幕板の黄帯の高さは、少しでも幕板が広く見えるようにと、上方気味に設定しています。まぁ、幕板の狭さ以外にもイロイロと・・・マイ○ロクヲリティーです。。。


画像

別パーツになっている電源室の吸気口?は、高さが白マヤ仕様なので、取り付け穴を上方に開け直して修正しました。画像左端に写っている物置の窓は、グレーを薄く吹いて曇りガラスを表現してみましたが、チョッと白過ぎたみたいで・・・。。。


画像

ご存知の通り、マヤ34は電車でも・・・


画像

機関車でも・・・ゴナナだって・・・気動車も、もちろんOKですが、TNカプラーの自連・密自連は連結出来ない仕様デス(汗)。。。


画像



画像

お約束の車庫バックで。やっと、マヤから開放されたぁ〜♪♪♪実車と見比べてしまうとアレですが、お気に入りの1両になりました♪運転会デビューが楽しみデス!!







画像

「マイクロエース・マヤ34をそれなりに加工する」、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!





次作は・・・JNMAの製作実演に感化されて・・・?
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
以前からちょくちょく覗かせていただいております。

完成おめでとうございます。キッチリとしていて破綻が無い素晴らしい作品ですね。
アリイのマヤ34は持っていないのですがなかなかな代物だったようで…、でも工作次第で良い作品になるという好例ですね。
マヤ34は是非とも欲しい車輌なので製作する際は参考にさせていただきたいと思います。
うん
2014/06/24 23:56
完成おめでとうございます!
内装でガラッと印象が変わりますね、
モールドも立体感があってとてもかっこいいです!
ゴナナだと、客レの機関車次位がにあいそうですね。
制作お疲れ様でした。
零弐
2014/06/25 17:11
完成おめでとうございます

EF57型1号機が予告されているので、RP99-5号の10系寝台車特集やRP05-7号の20系客車特集で掲載のEF57型1号機牽引の急行「新星」との連結が実現できますね。以前の運転会で持参した20系急行「新星」があるので次の機会に組み合わせたいと思うのでよろしくお願いします。
原口 悟
2014/06/25 22:35
うんさん、
いらっしゃいませ!
いつも「ブログ気持ち玉」をありがとうございます!私も貴ブログが開設された当初に見つけまして・・・綺麗な仕上がり、シブい車種選択、キャンバス屋根の色調等々が私好みな事もあって、ブログの更新を楽しみにしている一人であります!

アリイ・マヤ34は、パッと見、それらしく?見えるのですが・・・見れば見る程アレなところが出てきて、作業中は「何でコレに入れ込んでるんだろ???」などと、思うこともしばしばでした(笑)。。。まぁ、そのうちKATOかTOMIXから・・・???

嬉しくなるコメントをありがとうございました!今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
またのお越しをお待ちしております。
配給電車
2014/06/27 00:58
零弐さん、
嬉しいコメントをありがとうございます!室内は点灯式に・・・とも思いましたが、光漏れ対策などで完成が更に遠退く・・・ので止めました(汗)。
いやぁ・・・疲れました。。。下地〜塗装を2回強いられたのが特に・・・。。。でも、その分完成したときの嬉しさがひとしおデシタ。

ゴナナ+マヤは、普通客レで次位に併結されているシーンを、画像検索で拝ませて頂くことが出来ますね。
配給電車
2014/06/27 01:00
原口さん、
嬉しいコメントをありがとうございます!
KATOからゴナナのトップ、出ますねぇ〜。とても楽しみデス!急行「新星」は、10系ロネ・ハネの編成もシブくてカッコイイし、20系も言うまでもなくカッコイイしで、とても魅力的ですよね。

運転会で、EF57 1+マヤ+20系!是非是非!楽しみにしております!
配給電車
2014/06/27 01:04
配給電車様、こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
(chitetsuさんとは同じ大学の鉄研の出です。学年は1つちがいますが。
また私のHPにもお立ち寄りいただいた様で大変光栄に存じます。)
以前から時々拝見しておりましたが実写写真の車番特定や模型製作でのディテールの知識・こだわりにはいつも感服しております。

検測列車は実車は新鋭の固定編成が活躍する時代になって撮影の楽しみは薄れましたが模型ではマヤ34でいろいろな編成が楽しめますね。私も以前はHO中心に模型をやっていましたが、今は部屋でディスプレイを眺めている程度です。本当はマヤ34も欲しかったのですが。

それにしてもトップページの混色編成が実にいいですね。名カキの40050は私は見た事もありません。40800は中央西線80系さよなら運転の日に名シンで留置中を撮ったのみです。こんな編成が楽しめるのも模型ならではですね。

今後もブログ楽しみにしています。
あまぎそよかぜ
2014/06/27 20:50
あまぎそよかぜ様、
いらっしゃいませ!嬉しいコメントをありがとうございます!

「回送・試運転・配給・・・事業臨の世界」、貴重な記録ばかりで、頻繁に拝見させて頂いております!ホント、私のツボでございまして・・・心より感謝申し上げます。

Chitetsuさんとご同窓・・・“良い時代”に撮影活動なさっていて、とても羨ましい限りです。南シナのクモハ73によるマヤ検や、静シスのクモハ60、御殿場線のナナサン・・・私はタッチの差で撮り逃しております。

現在のトップページの混色編成は、背景が伊吹山なので・・・名カキの急行形=名古屋工場担当から申しますと、設定が微妙なところですが・・・大ミハからの転入車を40050が迎えに・・・こんなストーリー仕立ても、模型ならではの楽しみですね。・・・そう致しますと、山崎〜神足あたりを疾走する40050も気になってきます(笑)。

またのお越しをお待ちしております。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
配給電車
2014/06/29 21:40
御無沙汰しています。
完成おめでとうございます!素晴らしいの一言です。本当にきれいな仕上がりで言葉が出ません。アリイ製もここまで渋い仕上がりになるなんて驚きました。EF58に牽かれている画像はリアルすぎて絶句です。このような車両が集う運転会をのぞいてみたいです。次回の作品も楽しみにしています。
toseibom
2014/07/03 22:24
toseibomさん、
嬉しいコメントをありがとうございます!次作へのモチベーションがUpしました♪あとは、KATO&TOMIXからせめて3年間は出ないことを祈るばかりです(笑)。

EF58に牽かれている画像は、ジオラマ用マットに線路を置いて、背景はネット画像を加工・印刷して貼っただけで、何気に簡易的だったりします。細かいところを見るとアレですが、こういった撮影も楽しいものです。
配給電車
2014/07/07 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロエース・マヤ34をそれなりに加工する その11(終) 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる