配給電車の通い箱

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロエース・マヤ34をそれなりに加工する その09

<<   作成日時 : 2014/03/27 19:37   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

皆さん、こんばんは!
マヤ34の加工・・・特に理由は無かったんですが、車体を黄色く塗ったところでダラけてしまいまして・・・やっと再開しました。

まぁ、気が乗らないときに無理してヤっても、楽しくないですからね・・・頭の片隅に、帯部分のマスキングで、高さや太さのバランスをしくじるのが怖い(((ノ)゚Д゚(ヽ))))というのがあるのかも・・・・?

この程度のマスキングでグダグダ言っているようでは、お仲間な皆様方に笑われてしまいそうですが・・・先に内装をやっつけて、自分を追い込むことにしました(笑)。


画像

加工前と加工後の比較です。前回Upした状態より更に手を加えてから塗装しました。最初に断っておきますが・・・かなりテキトーに作っておりますので、ご注意願います。
いくつかの断片的な画像(Up主様、ありがとうございます!)・写真を基に、都合の良い解釈と独自の想像(?)を多分に盛り込んで仕上げました。ちなみに、カラーの画像・写真は見たことがありません(笑)。とりあえず、トロピカルな色調の内装から脱することが出来たのでヨシとします。


画像

車体を被せると殆ど見えなくなってしまうため、塗装までテキトーな部分もありますが、プラ材などを接着してこんな感じに仕上げてみました。コンピュータ装置、ロッカー、仕切り扉は、シールを作って貼り付けています。

コンピュータ装置は、2008番以降の画像を参考にさせて頂いたので、間違いなく実車とは異なっていますし・・・ロッカーも、図面では8区画あるところを6区画にデフォルメしていますし・・・そもそも、こういったロッカーなのかすらも確認出来ていませんし・・・扉の意匠もテキトーです。


画像

製品の内装は、形式図を参考にしているようですが、丸印で囲った2箇所については、解釈が違っているのかな???と、勝手に想像しまして・・・

1箇所目は左側のジャイロ装置部分で、装置の周囲にL字形の保護柵が書き込まれているのですが、製品では壁として表現されています。

2箇所目は右側の流し部分で、製品では隣り合った物置の中に流しが設置されていますが、通路の壁面を凹ませて通路側からアプローチする形で書かれているように見えます。

なお、マヤ34の内装は、途中で変更?更新?されているようなので、一概には言えませんし・・・私には、よく判りません(滝汗)。。。


画像

・・・と、いうコトで?ジャイロ装置部分の壁面を取り去って、プラ材からテキトーに作ったジャイロ装置と、φ0.35o洋白線で、都合の良い形状にデッチ上げた保護柵を設置しました。


画像

・・・と、いうコトで?製品では、物置の中に図面よりも一回り大きい風呂流しが設置されています。これを、個人的な解釈で・・・


画像

寝台も設置されているというコトは・・・流し=洗面台かな?・・・と、何の確証もありませんが、プラ材で周囲を作り直して、プラ材から自作した洗面台と、メタリックシールから切り出した鏡を設置してみました。
通路側は窓からよく見えるので、良いアクセントになりますが・・・違っていたら、恥ずかしいなんてもんじゃありません(冷汗笑)。


内装も出来たので・・・今度こそ、車体を塗らなくてはっ!





寝台は付いていますが・・・トイレは無いようです。。。
では、また。



                       にほんブログ村 鉄道ブログへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ




通算のアクセス数

 

現在のアクセス数

     


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
マヤ34の内装、とてもいいですね(^ ^) 完成が楽しみです。
マヤ検はクモヤサンドが一般的ですが、クモヤ+マヤ+165モントレーなどの編成もあったようです、
模型ではおおらかに楽しめる車両でもあり、面白編成も組めそうですね。
(僕の場合は489+マヤ+EF63×2という編成で楽しんでいます(笑))
零弐
2014/03/27 22:39
>零式さん

マヤ34ですが、昭和50年代までの夜行急行列車が多かった頃は夜行急行列車にぶら下がって検測を行うことがよく行われており、JRRの「国鉄客車編成表」1980年版では、1980年4月1日上野発の急行「新星」にマヤ34 2003が連結されていました。
また、JRになってからですが、新潟地区で、165系ムーンライトえちご色の車を使ったクモハ165-モハ164-マヤ34-クハ165という編成で検測が行われた、という話を聞いています。
1971年代には、品川と明石にマヤ34型専用の事業用のクモハ73型の配置があり、クモハ73-マヤ34-クモハ73という検測列車が走っており、クモハ73型の車内にマヤ34をまたぎ越すための長大なジャンパケーブルが搭載されていたのが目撃されています。

「N de旧国掲示板」の方に富山港線の73系の紹介と、最近作ったものとして、鶴見線のクモハ73289とモハ72970を紹介したので気が向いたら見てみて下さい。
原口 悟
2014/03/30 22:03
>原口 悟さん
なんと!マヤ検用のクモハ73がいたのですね、驚きです。

『N de旧国掲示板』、是非拝見します。
零弐
2014/03/31 11:50
>零式さん

マヤ検用のクモハ73形ですが、首都圏では品川電車区にクモハ73086, 351の2両がいました。この2両はかなり長い間事業用車代用として使われており、マヤ検の写真も結構多く撮影されているようです。一方、関西では明石電車区にクモハ73084, 379の2両がいました。京阪神緩行線は昭和51年2月に新性能化されたのですが、この2両だけしばらく残って事業用車代用として使われていました。
 これは、マヤ検ではなく、普通の牽引車代用なのですが、広島運転所の呉線、可部線用の73系とは別にクモハ73345が事業用車代用として配属されており、京阪神緩行線時代の茶色のままで使われていました。
原口 悟
2014/04/03 00:13
零弐さん、
嬉しいコメントをありがとうございます!

クモヤ+マヤ+モントレー・・・っ!そんな編成も!やはり、マヤを1両用意しておくと、イロイロと楽しめるようですね。
もちろん、妄想をめぐらせて自分だけの組成を楽しむのもアリだと思います。場合によっては、自分なりのストーリー・・・例えば、○○線は通常▲▲+マヤ+▲▲が所定であるが、今回は■■の事由でイレギュラーの組成となり・・・みたいなのも楽しいかと思います。

私の場合は、原口さんがコメント下さった、品川区のマヤ検用クモハ73が全般検査のため、クモル24+マヤ+クモル24の組成で・・・少々強引でしょうか(笑)。
配給電車
2014/04/06 00:24
原口さん、
マヤの牽引車他に関するコメントをありがとうございます!

私は急行荷物列車、14系ハネ時代の急行「銀河」、ゴハチ+14系ハネ・ハザ時代の急行「津軽」などでマヤが併結されていたのを実見しています。クモハ73無き後の首都圏線区は、クモヤ143サンドになってしまって、全く写欲が湧きませんでした。。。

「N de 旧形国電掲示板」、拝見させて頂きました。先日の運転会でも驚きましたが、改めて全ラインナップを目の当たりにしますと・・・怒涛のナナサン・オンパレードで、迫力と勢いに圧倒されっぱなしでした(驚)。
配給電車
2014/04/06 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロエース・マヤ34をそれなりに加工する その09 配給電車の通い箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる